[傾聽孩子的方法] - Fiona0235的日誌 - Baby Kingdom - 親子王國 香港 討論區

[傾聽孩子的方法]

已有 818 次閱讀 08-6-13 12:48

天氣: 舒適
心情: 平靜

[傾聽孩子的方法]

平常培養一些聊天的經驗:

  
平常我的工作很忙,跟孩子相處的時間不多,我用了個不錯的方法就是陪他們睡覺,
在孩子快要睡覺時,他的警戒心很低,不會像平常,
你跟他講話他會回答:「不知道」、「沒有啊」、「不是我」防衛性比較高。
  
你就隨意跟他聊,不要存有任何目的.不要想要解決什麼事情,只是「純聊天」,到最後,孩子也就喜歡跟你聊。
  
根據科學研究,一個孩子如果在很小的時候,你經常跟他說話、講故事、陪他玩、有身體的接觸,常能幫助這個孩子更聰明。
  
所以,我經常跟我孩子講話時,順便幫他按摩,尤其他喜歡我幫他抓耳朵,很快他就會睡著了。
久而久之,孩子就喜歡和你聊天,因為那是一個愉快的經驗。
  
我舉一個相反的例子,在台中有個學員來找我,因為他的孩子不讓她進入房間,
這個孩子大概嫌媽媽太撈叨了,就把房門鎖起來,媽媽就把鎖拆了,
孩子就又在房內加裝門閂,媽媽就把門踢壞,終於進去了,拿了一本書,
陪孩子唸書,過了兩二天,孩子就受不了,媽媽說,我在陪你唸書,
孩子卻說,你不是在陪我唸書,是在監督我。
  
所以,我們做父母的大概很不安心,那份不安心,
讓我們想弄清楚孩子在想什麼、做什麼,也影響我們進入孩子的內心世界。
  
傾聽時,反應慢一點:
  
我們做父母親的,最常的就是反應太快了,例如:你的孩子跟你講:
「媽,我這次考試,考得很好。」
他的內在聲音是希望你讚美他,很多父母常反應過快:
「你這次考得好,那你以前怎麼都沒考好呢?」這樣就不對了。
  
再舉個例子,各位想想看,當孩子對我們撒謊時,他內在聲音在說些什麼?是害怕!
  
有一次,我氣呼呼的問我的孩子:是誰把餐桌弄得這麼髒的,我的孩子小聲的回答:
「我不知道啊」那時,我聽出來她的聲音裡有害怕,於是,我改問:
「爸爸不會怎
麼樣,爸爸只是想瞭解」
  
我的孩子反問我:「我如果講出來,你會不會打我?」
從這裡我們可以發現到,孩子很需要安心,這個需要超過我們的想像。
  
還有一次,一個學員跟我講,她來上課之前,他的孩子攔著她不讓她來:
「媽媽,你這次又要去學什麼溝通技巧來對付我。」
事實上,孩子真的感覺到你在對付他,所以孩子的不安可想而知。
  
傾聽時,注意自己臉上的表情及聲調:
  
這一點,有一個好方法就是,你把你和孩子講的話錄下來。
  
有一次,我有兩個做保險的朋友來找我,他們兩個就在認真的研究,
剛才對客戶講的話應該怎麼講比較好。
當時,我就想,我們在教小孩都沒有像賺錢那麼認真,
不會去想這句話孩子的感受是什麼,如果教小孩都像賺錢那麼認真的話,
我想,我們都可以把小孩教得很好。
  
尤其是孩子還很小的時候,你隨便講,他都可以配合,
可是到青少年時,可就沒那麼好了,所以,
我們平時就該注意自己對孩子所講的話用詞遣字是什麼?
表情是什麼?
孩子的感受是什麼?
  
就連我自己在教溝通技巧,有時,也會說出自己不可置信的話來。
有一次,我的女兒,當選全班模範生,當天,我因為工作很累,
便叫我女兒去接電話,我女兒說她不敢,
我便脫口而出:「當模範生有什麼用,連接個電話都不敢。」
  
結果我的女兒就很傷心,我才意識到自己說錯話,當時便向她道歉,
但看她似乎末接受,我才又提議讓她騎馬從一樓騎到三樓再下來,她才肯接受。
  
這還好,孩子還肯諒解,有些孩子,就是沒有釋懷,於是一點一滴累積下來到青少年就整個反叛起來了。
  
所以,如果我們在對孩子講話時能更警覺,我想,親子對話的品質一定可以提高不少。
  
傾聽時,多利用想像畫面:
  
各位不曉得有沒有看過「魯冰花」這部電影,劇中主角有個小孩子叫吳阿明,
他很喜歡畫畫,有一天傍晚他畫「3條狗,在晚餐時放在餐桌上給爸爸看,他爸爸一看便問他:
「狗是黑的,怎麼畫成紅的,你色盲不成?」
  
吳阿明答:
「黃昏日頭一照,就變成紅的了啊!」

他爸爸一聽也有點道理就又問:
「那尾巴旁一團黑黑的是什麼?」
  
吳阿明又回答:
「是大便啊!」
  
爸爸聽便生氣的罵他:
「你書不讀,畫這個就會飽喔?」
  
當時,導演就把鏡頭轉向那隻垂頭喪氣的狗,各位不難想像那就是吳阿明的心情。
  
再舉個例子,如果你的小孩放學回來告訴你:
「我們老師實在很不公平,為什麼只有一個人講話就要全班罰站」。
  
各位不曉得能不能用心去想像在一個教室中,所有小朋友都被罰站的畫面,如果你能,
你就較能對孩子說:「你一定感到委曲,因為你沒犯錯,卻被連帶處罰。」
  
當你這樣說,孩子一定可以感受到他的心我們是懂的。
  
所以我很鼓勵各位多練習,把孩子所說的話,變成個畫面,
也把自己所說的話變成一個畫面,這樣我想更容易進入孩子的內心世界。
  
多使用感覺的字眼:
  
感覺跟想法是不一樣的,感覺是內心的感受,
想法是頭腦的念頭,如「我感覺這件事不大好」是想法。
  
「這件事變成這樣,我感到懊惱」這是感覺。
  
想法易有批判性,而感覺沒有傷害只是純粹表達內心的感受,
感覺是維繫親密關係最有效的方法。
但是對我們中國社會,尤其男性朋友來講,講感覺是很困難的一件事,是需要多練習及鼓勵的。
  
如果我們用了以上的方法,和孩相相處、對話.
還要從孩子的反應來注意到,我們到底有沒有傾聽到孩子的內心世界。
  
以下是一些指標:

  第一個現象是你和孩子的話題會一直持續下來,不會又開。
  第二個現象是孩子的答話會是「是啊」、「就是這樣﹒」。
  第三個現象是話題能更深入核心問題。
  第四個現象是孩子是安心的。
  第五個現象是我們和孩子的關係會比較親密,孩子會主動找我們講事情。
  第六個現象是孩子解決事情的能力提高了。   

所以你和孩子對話有以上現象,表示你做到傾聽了。
  
最後我要鼓勵各位多練習傾聽,因為親子關係如同你種下的因,孩子成長過程的反應就像是果報一樣,
也祝福各位,因為有好的傾聽,而有好的親子關係。

 

 

 

[Listen attentively to the child's method ]

Train the experience of some chat usually :

  Mine is busy with work usually, there is little time to get along with the child, it was to accompany them to sleep that I used a good method , when the child will sleep soon , he warns the heart very low, will not look like usually , you talk to him he will answer: ' know ',", defend after ' just I '
    You have a chat with him at will , don't have any purpose mustn't want to solve anything , just ' chat purly ', get to the end, the child likes having a chat with you too.

   According to scientific research, one child if when it is very small, you speak , tell a story , accompany he not to play with , have contact of health with him often, cleverer when can often help this child ing.
   So, when I often talk to my child, by the way help his massage, especially he likes me to help him to catch ears, he will fall asleep quickly. As time passes, the child likes chatting with you, because that is a happy experience.
   I cite an opposite example, a student looks for me in Taizhong, because his child does not allow her to enter the room, this child has probably disliked mother and dragged for very much and has been favored with , lock the door, mother dismantles the lock, the child installed the bolt additional in the room , mother played the door badly, entered at last, have taken a book, accompany the child to study, in two or two days, the child can not stand , mother says , I am accompanying you to study, but the child says , you are not accompanying me to study, is supervising me.
   So, we the parentses do not probably settle down very much, that unrelieved feeling, let us want to understand what children are thinking , what is done, influence us to enter the child's inner world too.
   Listen attentively to, the response is slow:
   We the parents, reacting too soon often most, for example: Your child says to you: ' mother, this examination of mine, do in the test very well. ' his inherent voice is to hope that you praise him, a lot of parents, often the response is too fast: ' you do in the test well this time, then why did not you have good mark in the past? ' such incorrect one.
   Give an example again, everybody think about it, as child when lying to us, what is he saying inherent sound? Fear!
   One day, my child who asked me in a huff: Who makes the dining table such the dirty one, the answer of my child's low voice: ' I do not know ' at that time, I found out in her voice afraid, then, I change to ask: What kind ' father does not know , my father hopes to understand '   My child replies me: ' if I say, will you hit me? ' we from here can find to , the child needs to settle down very much, this imagination needing to exceed us.
   And, a student says to me, before she comes to class, his child is stopping her without allowing her to come: ' mother, what communicative skill will be learnt to deal with me again this time of yours. ' in fact, the child really feels that you are dealing with him, so the child's uneasiness can be well imagined.
   While listening attentively to , pay attention to one's own expression and tone on the face:
   This, a good method is, you record what you and child spoke.
   One day, I have two friends who did insurance who looked for me, they both were just in serious research, how should what spoken to the customer just now talk better. At that time, I did not think we was teaching children that made money conscientiously in picture, will not go to think what the impression of this sentence child is , if teach children all like making money conscientiously , I think we can teach very well child.
   Especially the child was still very as a child, you said at will , he can cooperate , but at reaching teenagers, but on then ready to eat, so, should we notice what send words with the word to what the child spoke by oneself at ordinary times? What is the expression? What is the child's impression?
   Even I myself am teaching the communicative skill, will say sometimes that the words that can't be believed oneself come too. One day, my daughter, elected the whole class grows exemplarily, the same day , I, because the work is very tired, let my daughter answer the call, my daughter says that she does not dare , I escape one's lips: ' act as exemplary to catch what is the use to , join pieces of phone dare . '
   My daughter was very sad finally, I realize oneself say improper remark , apologize to her at that time , watch she seem to accept at the end, I suggest letting her ride a horse and ride from the first floor and come down in the third floor again, she is willing to accept .
   This is not bad, the child is still willing to forgive , some children, forgotten, then accumulated and come down teenagers and revolted entirely little by little.
   So, if we can be more alert to child's speech, let me see, the quality that the parent-offspring talks can be improved much certainly.
   While listening attentively to , utilize more pictures of imagining:
   Everybody does not know whether to see this film of ' Lu BingHua ' or not , the protagonist has a child who has been called Wu AMing in the drama, he likes painting very much, he draws at dusk one day ' 3 dogs, put on the dining table for father to see in dinner, his father asks him once seeing: ' the dog is black, why draw the red one, your achromatopsia ? '
   Wu AMing answers: ' dusk sun take the picture, the ones that became red! ' his father hears too reasonably but asked again: What roll a black one by ' that tail? '
   Wu A is bright but answered again: ' stool ! '
   My father - Whether angry scolding he as you please. ' your book is not read , will it be full to draw this oh? '
   At that time, director turn lens to the crestfallen dog, difficult to imagine that mood of AMing Wu everybody have.
   Give an example again, if your child comes back from school and tells you: ' we Mr. really very unfair, why talk the the whole class is punished to stand still just alone only '.
   Everybody does not know whether can imagine in a classroom diligently , the picture that all children are punished to stand still, if you can, you can relatively say to the child : ' you will certainly feel winding , because you have not made a mistake , but been punished relatedly. '
   As you say so , we understand the heart that the child can experience him certainly.
    So I encourage everybody to practise more very much, pairs of what child said, turn into - A picture, turn said by oneself into a picture too, in this way I wanted to be easier to enter
   Use more wordings felt:
   Feel it is different with the idea, feel it is the impression of the heart , the idea is the thought of the head, if ' I do not feel this quite well ' it is the idea.
   ' this incident so becomes, I feel annoyed ' this is felt.
   The idea is apt to have criticizing nature, do not feel that the injury just express the impression of heart completely , feel that maintains the intimate most effective method of relation . But to our Chinese society, the especially male friend will come to say , say that feels it is a very difficult thing, need to practise and encourage more.
    If we use the method of the above, and child's looks looks place , dialogue     Come to notice from the child's response , we finally listen attentively to to the child's inner world.
   The following are some indexes :

The first phenomenon is that topics of you and child will have come down continuously all the time , will not start again. 
Second phenomenon child answer it is can ' ! -', ' exactly like this. ! -' .  The third phenomenon is a key question that a topic can be deeper.  The fourth phenomenon is that a child is comfortable.  The fifth phenomenon is that the relation between we and child knows more intimate, the child will let us tell the thing voluntarily.  The sixth phenomenon is that the ability that the child solved the thing has been improved.    So the dialogue between you and child has the above phenomena, show that you have listened attentively to.
   I will encourage everybody more the exercise is listened attentively to finally, because the reason why parent-offspring's relation plants like you, the response of the course that the child grows up is like fruit newspaper, bless everybody too , have listening attentively to kind , have good parent-offspring relation.

 

 

 

[耳を傾ける子供の方法]

のの でした すこしのチャットの経験を培養した した しました   一般なの でした ことは個人の でした の役人のこと でとても忙しかった しかった しい,と子 はそなえた はで,個人の でした は,子 はそなえた はもうすぐねむったた る時,彼 のは心 を警戒した した するのがとても低かった かった かった,のように一般なの でした はずがないで あなたは彼と話 すと彼 は答えた えた えようとする'知る る っていなく、' '、個人の ではない'バンキング した ぎ守った った りました   あなたは隨意に に彼 と四角形山の話 した,どんな目的 を存在した しないでくださいどんなことを解決したくないでください ただ「単純なチャット」で,最後まで,子供はあなたと四方山話することが好きです。    授業 学研究した した によって,ひとりの子 はそなえた はもしたいへん小さかったさかった さい時 なら,あなたはよく彼 と話 して、物語  を話 して、彼  をおそなえた をして遊いだ いだ んでからだ の接觸した した があった いつもこの子 はそなえた を助けたけた けてくださいませんかのがもっと賢かった かった かった   だから,個人的でした はよく個人的でしたの子はそなえた と話 す時 ついでに彼 がマッサ-ジしたことを助けた けた,特別でした に彼 は個人的でしたは彼 が耳 をつかんだことを助けた けることがきでした,とてもはやかった彼 はねむった りました月日のたつ内に 子供はあなたと雑談することが好きで,それはひとつの楽しい経験だから。    個人的でした はひとつのぎゃくな例 を挙げた台灣の中国でした に学になった が個人的でした を見舞いした してきた,彼 の子はそなえた は彼の女でした に部部屋 の間 に入った らせないから,この子はそなえた は多い分でしたお母親 さんは叨 をとてもすくいあげることがきらいでした ドアをかかった けた,お母親 さんはキ- をほどいて,子はそなえた は部部屋 のなかで入ったれて門 のかんぬきを取った りはらった けた お母親 さんは門 を悪くけった,やっと入った ってはい った,@の本 を管理した った子はそなえたをおそなえた をして本 を読んだ,二二日 すれば,子はそなえた はたまらないです お母親さんは個人的でした があなたをおそなえた をして本 を読んでいたが,子はそなえた は話 したと話 った あなたは個人的でした をおそなえた をして本 を読んでいなくて,   だから,私たちは父母として多分とても安心しないですそれは安心しなくて,私たちに子供が何を考えていて、何を作ったた,また私たちが子供の内心世界に入ったことに影響したとはっきりさせたくさせます。    耳を傾ける時,ちょっとゆっくり反応しました     私たちはふぼとして,いちばんいつものとても速く反応するたとえば  あなたの子供はあなたと言いました  ' 母親,私の今度の試験,とてもよく試験しました。 '彼のは内在的です声あなたは褒める彼と希望する,たくさんの父母は速くいつも反応したことがある  'あなた今度の試験ことはよいで,あなたは以前どうしてが試験をよく受けるます? 'こうするいいえ正しい。    また例 を受けた げた,すべて さんは子はそなえた は個人的でしたたちにうそをつく時 と試験した えてみた彼 の内ているの な声は話 していた恐れました!    一回,私はぷんぷん怒って息が荒くなる私を聞く子供 誰が食卓にこんなに汚ないのをして,私の子供の小さい声の答えでした  「私は分かるね」はあのとき,私は彼女の声の中には聞き出すて恐れるのがいるだ,それで, 私は聞いたことを変えました  'お父さんどうはずがない様相,父は考えるのはよく知るだ'   私の子供は私を反問しました  '私はもし言うなら出すで,あなたてなぐる私うとするます? ' ここから私たち発見よろしい 子供はたいへん安心する必要があった,この需要は私たちの想像を越えました。    まだ一回があって,ひとりの学生は私と言った彼女は授業に来る前に,彼の子供は止めて彼女は彼女を来させなかった  'お母さん,どんな交流技巧は私をあしらいますかあなたは今回また勉強に行きます。 '実に, 子供は本当に感じてあなたは彼をあしらっていた,だから子供の不安は推して知るべしです。    耳を傾ける時,自分の顔の上にの表情および四声の調子に気を配りました     この一点 ひとつのいい方法があるのは,あなたは握ってあなたと子供は言うなら書きつけました。    一回ふたりの保険になった友人が私を探してきた,彼らふたりは真面目な研究にいる先程取引先に話した話はどう割合によく言いました。 その時私は私たちが子供に教えていてすべて儲けたらしくなかったあんなに真面目だったと思った この言葉の子供を考えに行かない体験は何で,もし子供に教えるならすべて儲けたらしいのがあんなに真面目だった,私は思った私たちは子供をとてもよく教えてもいいです。    特別でした に子はそなえた まだとても小さかった さい時 あなたはかって彼 がグル-プでした み合わせた わせてもいいと話ったこと て青少年 の時 にで,なくたてあんなによいではない,だから,個人的でした たちは太陽 ごろ自分で分でしたの子はそなえた に話 した話 は話葉 を使った ったと気を補充した るべきです表情は何ですか。 子供の体験は何でしたか。    さえも個人的でした は自分で分でした でテクニックを交流したを教えた えていた ある時 はまた自分で分でした を話 いでした そうとします一回ある 私のむすめ,当選して全クラスの模範は生まれた,当日 私は仕事してとても疲れるから,私のむすめに電話を受けに行かせた,私のむすめは彼女を言う勇気がないです私は口をついて出ました  ' 模範になるどんな効用をになられてある,連がるんで電話も勇気がないた。    ところが個人的でした のむすめはとても悲しかった しかった個人的でした はやっと気づいて自分で分でした で間はそむいたった話 を話 った,その時彼の女でした に感謝した ったが,彼の女でした がは耐え忍んだ け取った るらしいことを会いましょう た彼の女でした を馬 に乗られてシングルオ-- から三つの階段 まで乗ってまた落ちたりたとこそ個人的でした はまた提案 した   これはまだいかった,子供はまた諒解したかった 子供にいる,説明して孕む,それですこし蓄積してきて青少年に全部反逆してか。    だから,もし私たちは子供に話す時いっそうことができるなら,警戒心,私は思った実子の話し合った品質はきっとたくさん高めることができました。    耳を傾ける時,多く利用して画面を想像しました     皆さんは知っていなくて「魯氷花」のこの暎画を訪ねたことがあって,劇の中で主役は子供が呉アミンと言った彼たいへん好きて絵を描くで,ある日夕方の彼は描くます' 3本のいぬ,夕食の時に食卓に置くのはお父さんに見てあげるだ 彼のお父さんは彼を聞いたことを見ると  'いぬ陥れるの,どうして絵は,あなたに色盲がだめ? '   呉アミンは答えた えた えた えました' たそがれの太陽  は取った った った るとすぐ赤かった かった かった いにになるあっ彼 のお父 さんは聞いた いた くもないです くなった し道理  があるとすぐまた聞いた いた く' まるいですそのしっぽのそばには黒い   呉アミンはまた答えた えました'   お父さん - 勝手にさせて腹が立つのへ彼を罵る  'あなた本は読みないで,これを描くたておお腹一盃になる? '   その時 劇演出家はレンズをその意気が消沈するいぬに転向した,皆さんはそれが呉アミンの気持ちだと想像しにくくないです。    また例 を受けた げた もしあなたの子はそなえたは授業を放送した になってあなたに教えた えるなら'個人的 たちの先生 は,どうしてがひとりで話 してしれて完全でしたクラスは体罰します するだ   皆さんは気をつけてひとつの教室の中に想像に行くことができるか知っていないです 子供すべてのも体罰する画面,あなたもし,あなたは割合に子供に話すことができる  'あなたはきっと感じる曲折,あなたは誤ちを犯さないですが,関連に処罰されたからです。 '   あなたはこのように話す時,子供はきっと彼の心を感じることができるのが私たちは分かったのです。    らから個人の でした へたいへん励ましてすべてさんへ多かった かった く練習した した する,子 は話 をそなえた う になった-画面 も自分で分でした で分でしたでした の話 った話 ひとつの画面 になった,こうすれば個人の でした はもっとに入った った ったやすいと思った った った   感じした 覚の字句 を多かったく使用した しました    試験した え方向でした と同じでした じではない,感じした 覚は内心 のからだ験で,試験した え方向でした は頭でした 脳の思った いだと思った った もし'個人的 はこのこと があまりよくなかったと思ったい試験した だと' ます   'ここ事変へこんなに実現する,私は感じて悩む'はこれは感覚か。    考え方はあって性を批判しやすかった 傷害はただまったく内心の体験を表わした,親密な関系のいちばん有効な方法を保っただったと思ったと思いました。私たちの中国の社会に,特に男性の友人はとても難しい一つのことだと思ったと言ったと言いにきた 多く練習して励ました必要があるのです。    もし個人的でした たちは以上でした の方法を使った うなら,および子はそなえた だまた子供の反応から私たちが最後まで耳を傾けて子供の内心世界に行ったと注意に来たいです。    次はすこしの目標 

一番目の現象はあなたと子供の話題がずっと引き続き降りようとして,また始めるはずがなかった。  現象二番目の子供のは返事する'''たとえてもこう。 …' .  三番目の現象は話題がもっと中心問題に深く入りこむことができました。  四番目の現象は子供が安心したのです。  五番目の現象は私たちと子供の関系が割合に親密だったになる,子供は主動的に探して私たちはことを言おうとします。  六番目の現象は子供が事件の能力は高めたことを解決しました。    だからあなたは子供との話し合って以上がある現象,あなたが耳を傾けたことを表しました。    最後私は皆さんが多く耳を傾けたことを練習したことを励ましたいですから実子は関系がので,子供は生い立ちの反応がみたい果実は新聞がよう,また皆さんに祝福する植え下あなたのよう よい耳を傾けがあった,いい実子の関系があったから

 

 

 


感動流淚

清新流暢

到此一遊


豈有此理

評論 (0 個評論)

facelist

你需要登錄後才可以評論 登錄 | 註冊